働きやすい
病院環境

職場の環境

看護に専念して、無理なく働けるような環境づくりを目指しています。

練馬光が丘病院では仕事とプライベートの両立を目指し、ワークライフバランスを考慮した2交換、3交換勤務体制の導入や、子育て中の看護師をサポートする職員専用の保育所整備など、看護に専念できる環境づくりを行っています。

  • ワーク・ライフ・バランス

    ワーク・ライフ・バランス(WLB)とは、個人それぞれのバランスで、仕事と生活の両立を無理なく実現できることです。練馬光が丘病院では日本看護協会のガイドラインに基づき、ワーク・ライフ・バランスを考慮した交代勤務体制や短時間勤務制度を取り入れ、モチベーションアップやストレス軽減など、仕事と家庭のバランスの良い調和を目指し支援しています。

  • 教育支援

    練馬光が丘病院では、各部署に配属された新人看護師(プリセプティ)に、プリセプターと呼ばれる先輩看護師がマンツーマンで指導・サポートしていく、プリセプター制度を積極的に取り入れています。
    また、新人教育だけではなく、目標に合わせたラダー研修や、認定・専門看護師を目指す支援も積極的に行っています。

    教育制度について

  • 暮らしのサポート

    通勤の面でも無理なく通え、安心して看護師としての職務に取り組めるよう、豊島園駅から徒歩1分の場所に、看護職員の方を対象にした寮を整備しています。
    レンジ、テレビ等の家電製品をはじめ、ベット等をご要望に応じて用意することができ、入寮後すぐに快適な生活がスタートできます。

    寮について

  • 子育て支援

    出産後も仕事を続けられ、子育てしやすい環境を整えるため、練馬光が丘病院では隣接した場所に職員専用の保育施設を整備しています。
    他にも妊娠中の勤務緩和、産休、育休からの復職支援や短時間勤務制度など、出産後も安心して仕事を続けられる環境が整っています。

    保育施設について

募集情報

採用情報を掲載しています。ご応募お待ちしております。

今すぐ募集情報を見る