認定看護師

プロフェッショナル看護師へのインタビュー2

認定看護師ならではの経験や取り組みをご紹介

当院で活躍する看護のプロフェッショナル。

当院では、日本看護協会から認定された専門看護師、認定看護師が各分野で活躍しています。
それぞれが各領域の専門性の高い知識・技術を活かし、看護現場における看護ケアの広がりと質の向上をはかることを目的として活躍しています。

皮膚・排泄ケア認定看護師 K.O

自身の知識不足をきっかけに決意

きっかけは、ストーマ外来を担当したことでした。
外来で患者様と関わる中で、ストーマの晩期合併症、体型やストーマの変化による装具の漏れ、皮膚障害に対するケアの難しさと自分自身の知識・技術不足を感じていました。

そこで、ストーマを造設された患者様が退院後も安心して過ごせるように、私自身もより専門性の高い知識・技術を身につけたいと思い、皮膚・排泄ケア認定看護師を目指すことにしました。
ストーマケアに比べて創傷や失禁のケアに対する経験が少なかったので、講義を聞くだけでは具体的なイメージができず、実習でもアセスメントに苦労しました。
また学校の授業では、文章を書くことに慣れていなかったため、ケースレポートの執筆に一番苦労しました。

病棟や外来の枠を超えたケアを。

コンサルテーションで他病棟に行った際に、確認したい情報をなかなか聞けなかったことや、自分が考えたケア方法がなかなか伝わらないことに苦労しました。

また、勉強会の資料作りや褥瘡の有病率の集計など慣れない作業も大変でした。
資格取得前はストーマ外来でケアを行っていても、漏れない装具のことや皮膚障害をどう治すかなどを考えることで頭がいっぱいでした。
しかし資格取得後は局所のケアだけではなく、普段の生活や治療で不安を感じていることなどの話を聞き、患者様の精神面や社会面などにも目を向けられるようになりました。

次第にコンサルテーションや勉強会などに呼んでいただく機会も増えました。
そういった場はそれなりに苦労もありますが、一つひとつが貴重な経験になるはずなので、毎回全力で取り組んでいきたいと思います。

現在は4東病棟に所属しながら、ストーマ外来と褥瘡回診、各部署からコンサルテーションを受けるという活動をしています。
ストーマや褥瘡、失禁のケアは、皮膚・排泄ケア認定看護師だけで完結できるものではありません。
そのため院内でより良いケアが行えるように、コンサルテーションや勉強会で私が学んできた知識を他のスタッフとも共有し、病棟や外来の枠を超えて多職種で連携できるようなシステムづくりを、今後の目標にして活動していきたいと考えています。

TOP
TOP