先輩看護師
インタビュー

専門・認定看護師インタビュー

当院で活躍する看護のプロフェッショナル。

当院では、日本看護協会から認定された専門看護師、認定看護師が各分野で活躍しています。 それぞれが各領域の専門性の高い知識・技術を活かし、看護現場における看護ケアの広がりと質の向上をはかることを目的として活躍しています。

より専門性の高い知識と技術を求めて。

皮膚・排泄ケア認定看護師 K.O

きっかけは、ストーマ外来を担当したことでした。 外来で患者様と関わる中で、ストーマの晩期合併症、体型やストーマの変化による装具の漏れ、皮膚障害に対するケアの難しさと自分自身の知識・技術不足を感じていました。そこで、ストーマを造設された患者様が退院後も安心して過ごせるように、私自身もより専門性の高い知識・技術を身につけたいと思い、皮膚・排泄ケア認定看護師を目指すことにしました。 ストーマケアに比べて創傷や失禁のケアに対する経験が少なかったので、講義を聞くだけでは具体的なイメージができず、実習でもアセスメントに苦労しました。また学校の授業では、文章を書くことに慣れていなかったため、ケースレポートの執筆に一番苦労しました。

コンサルテーションで他病棟に行った際に、確認したい情報をなかなか聞けなかったことや、自分が考えたケア方法がなかなか伝わらないことに苦労しました。また、勉強会の資料作りや褥瘡の有病率の集計など慣れない作業も大変でした。 資格取得前はストーマ外来でケアを行っていても、漏れない装具のことや皮膚障害をどう治すかなどを考えることで頭がいっぱいでした。しかし資格取得後は局所のケアだけではなく、普段の生活や治療で不安を感じていることなどの話を聞き、患者様の精神面や社会面などにも目を向けられるようになりました。 また、コンサルテーションや勉強会などに呼んでいただく機会も増えました。そういった場はそれなりに苦労もありますが、一つひとつが貴重な経験になるはずなので、毎回全力で取り組んでいきたいと思います。

現在は4東病棟に所属しながら、ストーマ外来と褥瘡回診、各部署からコンサルテーションを受けるという活動をしています。ストーマや褥瘡、失禁のケアは、皮膚・排泄ケア認定看護師だけで完結できるものではありません。そのため院内でより良いケアが行えるように、コンサルテーションや勉強会で私が学んできた知識を他のスタッフとも共有し、病棟や外来の枠を超えて多職種で連携できるようなシステムづくりを、今後の目標にして活動していきたいと考えています。

すべてが患者さんの利益につながると確信。

感染管理認定看護師 M.S

2000年頃、当時勤務していた救命救急病棟では薬剤耐性菌として一躍有名になったMRSAが多発していました。 今ほど手指衛生やPPE着用の重要性が認識されておらず、アルコールを使用した環境整備に力を入れていましたが重症患者が入院する救命救急病棟ではMRSAの感染症患者・保菌患者が多く、手をこまねいている状態でした。 「感染管理」という言葉はその頃は知る由もありませんでしたが、病棟スタッフとだけでなく検査科や薬剤科、医師との協力体制を得ることなど他部門との連携の重要性を感じていました。

ちょうどその頃、厚労省が設立した国立看護大学校で感染管理認定看護師を養成する研修コースが設置されたことをきっかけに、上司の勧めもあり選抜試験を受け、晴れて2002年日本看護協会が実施する認定看護師試験に合格することが出来ました。 その後、活動開始と同時に感染対策委員会への出席、サーベイランス、感染対策に関する院内研修会開催など感染管理に関する業務を拡大。病棟勤務と感染管理業務との兼任を4年ほど行って、2006年に感染管理の専従業務に就きました。 その後、2017年9月に練馬光が丘病院の感染防止対策室長として迎えていただき現在に至っています。

これからは地域の医療施設で認定看護師とだけでなく感染対策担当者と顔の見える関係を作り、お互いに情報交換会や勉強会、感染対策支援などができるような環境を作りあげることも必要だと考えています。そして練馬区の医療施設における感染対策ボトムアップのためにどのように地域と係わっていくか、行政と対応していくかが今後の課題です。

臨床の現場において、診療看護師の役割を確立していくこと。

診療看護師 E.K

外来、検査、入院、集中治療どのフェーズにおいても、いつも「医師待ち」で苦痛のある方々をお待たせすることが多く、その辛い時間を少しでも短くできないか、手助けができないかとジレンマを感じていた時、 NursePractitioner(NP)の存在を知りました。
日本でも諸外国のNPを参考に診療が行える看護師の養成が大学院で始まったと知り、診療看護師を目指そうと思いました。

診療看護師とは、看護師として5年以上の臨床経験を有し、厚生労働省の指定を受けた大学院で教育を受け修士学を修了し、日本NP教育大学院協議会の認定試験を合格した者です。
また21区分38行為の特定行為研修を修了し、厚生労働省に登録をしています。

私は、NP認定を受けた後2年間の臨床研修を行い、がん診療に携わりたいと思い2015年より外科に所属し活動しています。

診療看護師として看護哲学を基盤に医師の指示のもと、緊急入院の初期診療、周術期管理、緩和ケア、退院調整、多職種連携などの診療を行っています。
また、褥瘡チームの一員として週1回全病棟の褥瘡の診療や特定行為研修者などの看護教育にも関わっています。

診療に関わることが増えすべてにおいて慎重になってしまいますが、外来、病棟、手術室といったセクションを超えてケアとキュアを縦断的横断的に深く患者さまと関われるようになりました。
といっても患者さまの診療には多職種の関わりが必要です、そのチーム医療の調整役、マルチプレヤーとして活動していきたいと思います。

急性期病院だけでなく、過疎地などの地域医療にも貢献していきたい。

特定ケア看護師 K.H

私は以前、集中治療室に勤務していました。急性期の病態生理・治療経過は様々で、理解することは深い知識が必要となります。 その中で、医師の不在時に医師の指示の範囲内で特定行為や薬剤管理、手技などを行えることは病棟にとっても大きな利益になると考えました。 そして、医師はどのような視点や考えで治療に当たっているのか深く知りたいと思ったのが特定ケア看護師を目指すきっかけでした。

特定看護師は、医師の指示の元、治療に関し介入するので、治療論や方針決定などにも係わります。 診療の知識が深まっていくのと同時に、その知識をスタッフと共有しながら認識を統一し、看護師としてどのように患者さんにケアをしていけばよいのかを日々、他職種の方達と意見交換をし、今まで以上に正当性や根拠をもって接しています。 今後、もっと深く診療に携わりたいと思っていますが、自分自身まだまだ力不足で毎日が勉強です。その中でも、身についた知識が臨床で活かせたりすると「前よりは進歩したかな」と少しだけ思う時もあります。 特定ケア看護師としての活動はまだ始まったばかりなので何も出来ていないのが現状ですが、自分が身につけた知識や経験を一看護師として病院全体のチーム医療の質向上が出来たらと考えています。

募集情報

2017年度の採用情報を掲載しています。まずは院内の雰囲気を動画を通じて感じてください。

今すぐ募集情報を見る